【上映会情報】Next Hero 鬼才 田中聡 特集

NPO法人COSMO FEST(東京都杉並区)は2023年1月28日から1月29日にかけて「Next Hero 鬼才 田中聡 特集」と題して、上映会を高円寺シアターバッカスで開催します。

当日は過去の作品を中心に、トークショーを織り交ぜて進行します。最新作(プログラムにも記載しておりません)の公開も予定しております。

日時:2023年1月28日(土) 〜  2023年1月29日(日)(上映+特別トークショー)

場所:高円寺シアターバッカス 〒166-0002東京都杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3F

上映作品:

●1/28(土)

プログラムA 13:00~ 2,000円 (各回1,500円+1ドリンク500円)

・小指ラプソディ(2014・28min)

・そして たるんだ腹(2021・9min)

・ひどくくすんだ赤(2022・46min)

プログラムB 16:00~ 2,000円 (各回1,500円+1ドリンク500円)

・あの娘の神様(2019・13min)

・あの娘の雫(2021・16min)

・うまれる(2021・33min)

各作品終了毎に田中監督の解説を予定しております。

●1/29(日)

プログラムC 14:00~ 2,000円 (各回1,500円+1ドリンク500円)

・小指ラプソディ(2014・28min)

・あの娘の神様(2019・13min)

・あの娘の雫(2021・16min)

・そして たるんだ腹(2021・9min)

プログラムD 16:30~ 2,000円 (各回1,500円+1ドリンク500円)

・うまれる(2021・33min)

・ひどくくすんだ赤(2022・46min)

各プログラム終了毎に田中監督を含めたトークを予定しております。

●その他チケット
・通しチケット3,000円(1日通し2,500円+1ドリンク500円)
・杉並ヒーロー映画祭 応援チケット3,000円
(1プログラムのうち1つ+1ドリンク+田中監督サイン入りcosmo fest Tシャツ付)
収益は杉並ヒーロー映画祭運営に活用させていただきます。

※料金は当日お支払いお願いいたします。

※別種チケットを複数ご希望の方はお手数ですが再度フォーム入力お願いします。

並ヒーロー映画祭大賞作品

購入方法:当日現金支払い(予約可能↓席数に限りがございます)

予約:https://forms.gle/Jksg31jALKBDD72N6

【作品情報】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●各作品のあらすじ

『小指ラプソディ』(2014)

物語の舞台は、どこにでもあるごく普通の銭湯。

未亡人ゆり子が番頭として一人切り盛りしている。

ゆり子目当てに、男湯はいつも常連で賑わっている。

常連たちは全員、ゆり子が大好き。

だからサウナにいちばん長く入っていられる忍耐力がある人が、

ゆり子と付き合えるということにしよう!

ということでサウナ我慢対決が勃発!

『あの娘の神様』(2019)

主人公は元ソープ嬢で、今は熱心なカルト宗教信者の女。

三人の男たちが彼女の愛を勝ち取ろうと死闘を繰り広げる。

あの娘の信じるものは、愛なのか、金なのか、それとも神様なのか。

『うまれる』(2021)

安川良子の娘の安川裕美(小学五年生)は天然パーマなのでクラスメイトからいじめられていた。

床屋を経営する良子は忙しく、娘が髪の毛のことでいじめられているのを知りながらも何もしなかった。

そんな折、娘の裕美が崖からの転落事故で亡くなった。

娘がいじめられているのを知っていた良子は、事故を疑い、いじめが原因で亡くなったと訴える。

あるきっかけで全ての真相を知った良子は、娘をいじめた奴らに復讐をするのだろうか。

『そして たるんだ腹』(2021)

恩師の葬式で久しぶりに故郷に帰った男は、

高校時代に付き合っていた女に出会う。

女は高校時代と変わらず美しいまま。

おじさんとおばさんになった男と女は、昔話に盛り上がる。

そして夜になり男と女は、、、。

『あの娘の雫』(2021)

新興宗教の物語。

この教団では新教祖を選ぶ際、現教祖のたらす唾液を口で受け入れる儀式が行われる。

邪念なく唾液を受け入れたものが新教祖になる。

今回の儀式、困ったことに現教祖は美しい女性。

新たな教祖に立候補したものは3人の男性信者。

果たして邪念なく唾液を受け入れて新教祖になるのは誰なのか?

『ひどくくすんだ赤』(2022)

58歳、アルバイト、年収120万円。

ヒーローになれなかった男、吉田。

本当ならば今頃、栄光を受けるべき人生だったのに、

ある愚行により全て台無しにしてしまった。

後悔ばかりの毎日で、吉田は贖罪の旅に出る。

【監督のプロフィール】
田中聡 (Satoshi Tanaka)

映像ディレクター。
CMを中心にPVや短編など多数監督。CMでは国内外多数の広告賞を受賞。

短編『うまれる』は国内映画祭11冠。

時々舞台もやります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − nine =